土用丑の日の由来は平賀源内?うなぎカレンダー早見表 – 2019年(令和元年)は7/27(水) –

夏の土用丑の日は、うなぎを食べる日として有名。実はこの風習、江戸時代に平賀源内が提案したものなのです。干支と四立(立夏・立秋・立冬・立春)によって例年梅雨明け頃にやってくる土用丑の日、詳細を確認していきましょう。

 

土用丑の日は、年に4回ある

土用丑の日とは、その名のとおり「土用」の間で、干支が「丑」の日のことをいいます。「土用」とは、これは四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間のことを指します。つまり、実は土用は年4回あるわけなのです。

一方「丑」は、十二支の丑を指します。つまり土用の期間で、十二支が丑になる日 が、土用丑の日ということです。土用が約18日間ある関係で、年によっては、夏の土用丑の日が2日間ある場合があります。

 

土用丑の日は、平賀源内の販売戦略

平賀鳩渓肖像:木村黙老著『戯作者考補遺』(写本)より

では、なぜ夏の土用丑の日にうなぎを食べるようになったのでしょうか。もともと天然ウナギの旬は、秋~冬とされています。うなぎは冬眠する動物であり、冬眠直前に栄養を蓄えるため、秋~冬が栄養満点でおいしいのです。

一方うなぎ屋としては、夏もうなぎを売りたいですよね。江戸時代、そんな悩みを持つ鰻屋に、平賀源内が「土用丑の日」のチラシを貼るようにすすめたそうです。これが、土用丑の日に鰻を食べる文化の始まりとされています。こうして、平賀源内が考案した広告戦略の結果、「土用丑の日といえば夏」という文化が定着しました。

 

夏の土用は、毎年梅雨明け頃

さて、夏の土用は、立秋の直前18日間。立秋は、毎年8/7ごろですので、大体7/20~8/6ぐらいが土用ということになります。ちょうど梅雨明け後、海の日あたりが土用の入りということになります。

それでは今年の夏の土用丑の日はいつなのでしょうか。ここでは、どーんと2050年まで調べてみました。

2016年 (平成28年)7/30(土)
2017年 (平成29年)7/25(月),8/6(土)
2018年 (平成30年)7/20(水),8/1(月)
2019年 (令和01年)7/27(水)
2020年 (令和02年)7/21(木),8/2(火)
2021年 (令和03年)7/28(木)
2022年 (令和04年)7/23(土),8/4(木)
2023年 (令和05年)7/30(土)
2024年 (令和06年)7/24(日),8/5(金)
2025年 (令和07年)7/19(火),7/31(日)
2026年 (令和08年)7/26(火)
2027年 (令和09年)7/21(木),8/2(火)
2028年 (令和10年)7/27(水)
2029年 (令和11年)7/22(金),8/3(水)
2030年 (令和12年)7/29(金)
2031年 (令和13年)7/24(日),8/5(金)
2032年 (令和14年)7/30(土)
2033年 (令和15年)7/25(月),8/6(土)
2034年 (令和16年)7/20(水),8/1(月)
2035年 (令和17年)7/27(水)
2036年 (令和18年)7/21(木),8/2(火)
2037年 (令和19年)7/28(木)
2038年 (令和20年)7/23(土),8/4(木)
2039年 (令和21年)7/30(土)
2040年 (令和22年)7/24(日),8/5(金)
2041年 (令和23年)7/19(火),7/31(日)
2042年 (令和24年)7/26(火)
2043年 (令和25年)7/21(木),8/2(火)
2044年 (令和26年)7/27(水)
2045年 (令和27年)7/22(金),8/3(水)
2046年 (令和28年)7/29(金)
2047年 (令和29年)7/24(日),8/5(金)
2048年 (令和30年)7/30(土)
2049年 (令和31年)7/25(月),8/6(土)
2050年 (令和32年)7/20(水),8/1(月)

土用丑の日のうなぎは、早めの予約がおすすめ

そんな土用丑の日近辺は、うなぎ通販ショップも繁忙期。普段より発送に時間がかかることが多いです。土用丑の日当日においしいうなぎを食べたい方は、早めに予約をしておくことをオススメします。大半のうなぎが、1か月程度は賞味期限があるので安心です。

1位 美食市 4,280円/140g (1人前、税/送料別)

うなぎ=静岡県浜松市のイメージが強いですが、実はうなぎ生産量全国1位は隣の愛知県・一色町。そんな「一色産の」「アオテ」うなぎを専門に取り扱っているのが美食市です。

うなぎ本来の美味を味わえる上質なうなぎを「アオテ」といい、このアオテうなぎに出会えるのは、職人でもおよそ20匹に1匹程度。美食市では、こうした本物のうなぎを味わえます。

2位 うなぎのたなか 2,898円/110g (1人前、税/送料別)

うなぎといえば浜松!という方には、うなぎ一筋70年の老舗・うなぎのたなかがおすすめ。、浜松・天竜川のうなぎを、美食市よりは少しリーズナブルに提供しています。

また、楽天あす楽サービス対応も大きな特徴。15時までの注文は翌日配送のため、今すぐうなぎを注文・購入したい方にもおすすめです。
(※金額は2人前購入時の1尾あたり価格)

3位 みんなのお祝いグルメ 2,500円/110g (1人前、税/送料別)

誕生日や父の日の祝い事に合わせてうなぎを購入予定の方なら、みんなのお祝いグルメが安心。産地にこだわりながらも、お祝いセットなどが充実しているのが特徴。

卵焼きに"寿"の焼き印を入れた【伊達寿】など、他のうなぎショップにはないセットが充実しています。うなぎ+αを楽しみたい方に。
(※金額は浜名湖産・愛知一色産うなぎ蒲焼競宴セット 計2人前を購入した場合の1尾あたり価格)

4位 川口水産(かわすい) 2,880円/120g (1人前、税/送料別)

普段の生活でうなぎを楽しむのであれば、川口水産(かわすい)もよいでしょう。最高級の品質とはいえませんが、コストパフォーマンスが良いのが特徴。

スーパーで販売されているうなぎよりははるかに美味で、購入して後悔することはないでしょう。うなぎのたなか同様、楽天あす楽サービスに対応しているのもGood。
(※金額は2人前購入時の1尾あたり価格)