敬老の日にうなぎギフトを予約注文する際の注意点・デメリット

毎年9月の祝日といえば、敬老の日。普段なかなか言えない感謝を伝える日でもあります。とはいえ離れて暮らしていると、なかなか直接お礼がいえないもの。そこでおすすめなのが、ご両親の好きな食べ物を贈ること。ウナギ好きなご両親であれば、美味しいウナギをプレゼントすれば喜ばれること間違いなし。ここでは、120%喜んでもらうためのテクニックをご紹介します。

 

表書きに決まりはない

表書 お祝い

贈り物をするときにつける、表書き。敬老の日の贈答品には、特にこの文字を書くべき!という決まりはありません。無難に「御祝」などの文字を書けばよいでしょう。

 

「老」の文字を使わない

敬老の日とはいえ、平均寿命がのびてきている昨今。老人扱いされることを喜ばない方も多いのが現状です。そのため「敬老」といった、老いをイメージさせる文字は避けた方が良いでしょう。普段の感謝を込める形で、贈り物をされる方が多いようです。

 

冷凍便のデメリットは、日付指定で回避

うなぎの通販は大半が冷凍便なので、もらう側が受け取れない可能性があるのが最大のデメリット。解決策は、配送日の指定ができる通販ショップを利用することです。1週間以降であれば、多くのサイトが日付指定を受け付けてくれますので、有効に活用しましょう。

 

美食市なら、贈答対応もバッチリ

敬老の日 美食市
このサイトでもイチオシの「美食市」は、敬老の日の贈答にも対応。表書き付きで郵送手配をしてくれます。注文画面で名入れを申し込むことで、自分の名前も入力してくれる点もありがたいですね。日付指定ももちろん可能、賞味期限も20日程度あるので安心です。

美食市 一色産アオテうなぎ

うなぎ=静岡県浜松市のイメージが強いですが、実はうなぎ生産量全国1位は隣の愛知県・一色町。そんな「一色産の」「アオテ」うなぎを専門に取り扱っているのが美食市です。

うなぎ本来の美味を味わえる上質なうなぎを「アオテ」といい、このアオテうなぎに出会えるのは、職人でもおよそ20匹に1匹程度。美食市では、こうした本物のうなぎを味わえます。