うなぎのたなかの訳あり蒲焼は本当にお得?値段・容量比較

うなぎのたなかのウェブページを訪問して気になるのが、訳あり蒲焼と言う商品の文字。他の商品よりも少し値段も控えめですが、やはり何か訳ありなのか?という点が気になります。そこで、この記事ではそんな「訳あり蒲焼」について解説していきます。

 

訳ありなのはサイズだけ!

実はこの訳あり商品、他の蒲焼と違うのはサイズだけ。うなぎのたなかが定める規格より少し小さめの蒲焼を、「訳あり蒲焼」として販売しています。

一般的な蒲焼はおよそ90g以上のサイズが平均的ですが、訳あり蒲焼は、55-60g程度と少し小ぶり。うなぎのたなかで扱っている蒲焼(120g~)と比べると、半分以下のサイズになります。したがって、お祝いの席など、華やかにうなぎを食べたい人には不向き。もっとも、日常生活でちょっと美味しいものを食べたい時などには問題なく楽しめる商品となっています。

また小ぶりだからこそ、調理が簡単なのも大きな特徴。レンジで1分ほどチンすれば後はご飯にのせるだけで美味しく召し上がることができます。他の長蒲焼きと、比較検討してみても良いかもしれませんね。

 

訳あり蒲焼と、長蒲焼の料金比較

気になるのは両商品の値段の違い。ここでは、訳あり蒲焼と長蒲焼を、最小サイズで購入した場合の料金を比較してみましょう。

うなぎのたなかでは、長蒲焼(大サイズ150g)を、税抜き3,037円で販売しています。一方、訳あり蒲焼の場合は、60gで税抜き1,278円。gあたりの値段で比較すると、どちらもおよそ20円/gとなり、意外と訳あり蒲焼に割安感がないことがわかります。

 

税抜価格gあたり税抜価格
長蒲焼(大サイズ)3,037円/150g20.2円/g
訳あり蒲焼1,278円/60g21.3円/g

 

逆に言えば、長蒲焼をかなりお買い得に購入することができると言うこと。冷凍保存が可能なことも考えると、基本的には長蒲焼以上のサイズを購入することをお勧めします。